【就活に悩む前に】就活の面接に行くならこの本を読め!

公開日:
[就職活動, 雑学・豆知識]


d1f7b72244ac11a859d6c3eeaf6a98e1_m

少しずつ肌寒くなってきましたね!

この季節になると一斉にスーツを身にまとった集団が動き始めます。

そうです。就職活動ですね!

自分は乗り遅れないとばかりに、仕事とは何かも分からずに就活に打ち込む自分の姿を思い出します。

なぜ、もっと働くということについて考えなかったのか?

自分が後悔したということで、これから就活に乗り込む学生にはそんな安易な就活をして欲しくないという勝手な想いでおすすめの本を厳選しました。

※ただし、一般的な就活ノウハウ本ではありません!w

スポンサードリンク

つまらない就活とは?

これから就活を本格的に始めようとしているのに、「つまらない就活」とは何事だ!と怒られそうですが・・・

 

個人的には就活という制度が大嫌いでみんな同じ時期に同じように就職を決めて、同じようにスタートすることに疑問を抱いていました。

「就活って面倒だしつまらないな・・・」

一度そんな風に考えてしまうと本当につまらない就活になってしまいます。

 

でも・・・

どうせやるんだったら面白い就活にした方が絶対にいいに決まっている!

考え方1つで面白くもつまらなくもできるのが人生。

というわけで、少し偏った考え方になってしまうかもしれませんが、個人的に就活が面白くなる本を紹介します。

働くことについて学ぶ!オススメの本

「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」

著者:小暮太一

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?

この本は、働くということの意味を何一つ理解していなかった自分に「目指すべき働き方」「給与の決まり方」といった社会の縮図を経済学の観点から教えてくれました。

この著者の小暮太一さんは多くの本を出版しているのですが、非常に分かりやすく誰でも理解できる本を数多く出されています。

最近では、「カイジ」シリーズが人気ですね!私も全巻読ませていただきました。

 

あなたは、就職しようとする会社をどのように決めますか?

ブランドですか?給与ですか?待遇ですか?

それって、本当に自分のやりたいことですか?

 

何となく・・・という方であれば絶対に読んだ方がいいでしょう。

また、この本を読んでおくと、面接や会社の待遇などを見た時に面白く感じることでしょう。

「さあ、じぶんの才能に目覚めよう」

著書:マーカス・バッキンガム

写真 2014-09-20 7 39 13

あなたは自分の才能や強みを知っていますか?

多くの方がそれを知らずに過ごしています。きっとこんなことが得意なんだろうな・・・といった曖昧な感じで。

しかし、この本を読むと曇っていた目の前の景色がパッと晴れたかのような気持ちになります。

自分の持っている力を明確にさせて、強みに変えていく。

就活には当然重要ですし、人生において非常に重要だと思います。

この本に付いているストレングス・ファインダーというテストがウェブで受けられるのですが、これまたすごい!大当たりなんです!w

もし、自分の長所がよく分からない!という方がいたら是非試してみてください!

※ただし、テストは新品でないと受けられません。

「つらいから青春だ」

著書:キム・ナンド

写真 2014-09-20 12 47 33

この方は、ソウル大学の教授なのですが、韓国で言う教授はエリートなわけですが紆余曲折な人生を送ってきた方です。

人間味が溢れる文章で大学生から社会人になる時の重要なヒントが多く隠されています。

正直もっと早くこの本と出会いたかったと感じる1冊です。

韓国の就活戦争の中で闘う大学生の悩みや迷いに先生のアドバイスが道を開いてくれます。

また、働くということや人生についても書かれていますので、おすすめの1冊です。

何なら、面接の際に使える1冊だと思います。w

 

まとめ

私自身、学生時代は全く働くということについて何も考えていませんでした。

なぜもっと早く考えなかったのか?

学生時代になぜ自分のやりたいことやチャレンジしたいことを発見できなかったのか?

そんな後悔もあり、これから就活をして社会に出る人には出来るだけ早く気がついてもらいたいと思っています。(余計なお世話ですが・・・)

これらのことに気がついた時期に遅いということはありません。

ただ、就活の際が最も良い機会かと思いますので、多くの人や多くの本に出会い素晴らしい道を見つけて欲しいと思います。

 


スポンサードリンク