NHK連ドラ「花子とアン」山梨の方言”甲州弁”のブサイク体験談!

公開日:2014/01/12
更新日:
[テレビ, 芸能, 雑学・豆知識]


fuji07

「あまちゃん」「ごちそうさん」に続き、

3月末から放送されるNHKの連続ドラマ「花子とアン」

 

そのモデルとなっている村岡花子さんの

出身地が山梨県なんです!

 

ある番組で最も可愛くない方言として

注目を浴びた”甲州弁”は、世の人々に

どんな印象を与えるのでしょうか?

 

ということで、山梨生まれ山梨育ちの身として、

全力で甲州弁の良さを伝えていきたいと思います!

スポンサードリンク

山梨県民は甲州弁にコンプレックスを抱いている?

241

まずは、自分の体験談からお話ししますと、

山梨県民は甲州弁に愛着を持っているものの、

都会へ出向いた際は、言葉にコンプレックスを

持っているのかな?と思います!

(あくまでも個人的な感想です。w)

 

そう思ってしまうのはなぜかというと...

 

義務教育を受けていた頃、学校の先生に

こんな話をされました。

 

「東京に出て行った○○がこの間尋ねて来たのだけれど、

語尾に”ずら”を付けていたら、すごくバカにされて、

あだ名が”ずら”になってしまったんだって!www」

 

なんだ...それだけか!と思うかもしれませんが、

当時の私にとっては、恐怖を感じたことを覚えています。w

 

そして、数年後に山梨県を出ることになり、

実際に多くの方言に出会ったのですが、

東北や関西、沖縄などの方言って、

もの凄くかわいく聞こえてしまうんです!

(当然、”ずら”は一度も使いませんでしたが...w)

 

山梨県は東京に隣接しているくせに、

なんでこんなにイントネーションや言葉が違うんだ?

と、知らず知らずのうちにコンプレックスを抱いていました。

 

でも、方言ってその土地を出てみると、

帰省した際にものすごく温かみを感じますし、

今では甲州弁を聞くのが懐かしくもあり、楽しみでもあります!

 

ということで、そんな”甲州弁”が全国に広まるにあたって、

ちょっと面白い?甲州弁を紹介したいと思います!


スポンサードリンク

 

これであなたも甲州人?おもしろ甲州弁!

夜更かし

出典:http://p.twipple.jp/nNM32 

まずは、ある番組で紹介されたフレーズからいきます!

 

例文:「私って田中ちゃんの愛人なの」

これを甲州弁に直した文がこちら

甲州弁:「おら 田中ちゃんの 愛人っつーこんずら」

 

でも、正直言うとこの使い方はちょっといまいちですね!w

ここでのポイントは、「つーこんずら」

使い方としては、「〜ってことことだろ!?」って感じでしょうか。

 

ちなみに、王道の”ずら”の使い方は、

例文:「本当だよね〜!」

甲州弁:「本当ずら〜!」

というような使い方をします!

なんでもかんでも”ずら”を付けているわけではないんですよ!w

 

では、他の例文にいきましょう!

昔、不良に絡まれてしまった時のやりとりです...w

これは体験談なんですが、

今考えると、このやりとり...

もの凄く違和感ですね!w

 

不良:「おまん、ちっとこけえこうし!...こっちジロジロ見て、あんまちょびちょびしちょし!」
私:「いえ、見てないです。たまたま目が合っただけで...」
不良:「適当なこんいっちょししわいぼこだな!ぶっさらうぞ!」 
私:「ご...ごめんなさい...」

おそらく、わけわからないはずでしょう。w

では、解説していきます!

まずは、赤文字の意味を紹介します!

「おまん」=お前

 「ちっと」=ちょっと

「こけえこうし」=こっちに来い

「ちょびちょび」=いい気になる・調子にのる

「ちょし」=〜するな

「いっちょし」=言うなよ

「しわい」=生意気な

「ぼこ」=ガキ・子ども

「ぶっさらう」=殴る

ということで、翻訳してみますと...

不良:「お前ちょっとこっちに来い!...こっちジロジロ見て、あんまり調子にのるなよ!」
私:「いえ、見てないです。たまたま目が合っただけで...」
不良:「適当なことを言っているんじゃねぇぞ生意気なガキだなぶん殴るぞ!」 
私:「ご...ごめんなさい...」

といった感じになりますね!

これって本当か?と思うかもしれませんが、

本当にあったことですので、

不良も本気で煽っていました。

 

まだまだたくさんありますが、

伝えきれませんので、

こちらのサイトを参考にどうぞ!

 

まとめ

現在、甲州弁は方言の可愛いランキングが47位と、

最下位であり、ブサイクNO.1の称号を手にしています!

 

しかし、今後「花子とアン」で甲州弁が日本中に

浸透して行くことで、ちょっとしたブームになることを

期待しています!

 

では、最後に...

「甲州弁は人気んなるずらかね〜?」

(甲州弁は人気になるのかな?)

「ほおじゃんね〜、楽しみじゃんね!」

(そうだね〜?楽しみだね!)

 

ということで、「花子とアン」をお楽しみに!

ちなみに、「花子とアン」のヒロインは吉高由里子さんですが、

なぜか、NHKの連ドラに出演ヒロインは

後にヒットすることが多いんですよね...

ついにその理由が明らかに!

詳しくはこちらをどうぞ!


スポンサードリンク