最近のドラマは面白いのか?おすすめは?堺雅人さんはやっぱり神

公開日:2014/07/05
更新日:
[みんなで作るブログ記事]


テレビ

最近個人的に思うのが、意外にも若者のテレビ離れ...

まあ、あくまで主観的ですが。

テレビ業界も結構大変そうですからね。

そこで、今回は最近のテレビドラマに関する記事です。

スポンサードリンク

テレビドラマの役者に感じること

最近職場で話題になったのはテレビ番組の話でした。
今の若い世代があまりテレビに詳しくないのはうすうす感じているのですが、

中高年世代になるとやはり観ている人が相変わらず多くて話が弾みます。
昭和に遡ってドラマの話を延々していたのですが、

今は個人の趣味がバラバラで今ひとつ盛り上がるドラマが少ないのです。
しかし不思議と活躍している役者さんは結構限られているようで、

ちょっと偏りが激しい印象がなくはありません。
確かに視聴率や認知度を考えてキャステングされてるんでしょうが、

同じような配役が続いてしまうとどこか新鮮味に欠けるように思うのも事実で、

それもあまり間を置かずにたて続けに出演している役者さんや、

同じタームで他のドラマに出演している役者さんの印象度が薄れていってないかと

言う話になりました。

 

ではストーリー自体はどうか?

やっぱり私みたいなテレビ人間はドラマも

バラエティも報道系の番組もいつでも楽しめてしまうのですが、

それなりに良くは出来ていて楽しめるドラマなどは必ずあるにはあるのです。

 

だからこそもっと希少性があればさらにいいんじゃないかと思うのです。


役者さんだっていろんなドラマで毎回同じような

キャラではつまらないでしょうし、

観る側もその俳優さんの意外なはまり役を

観てみたいと思ってないのでしょうかね。


スポンサードリンク

 

最近の良い例では

堺雅人さんなんか観ていてそう思うのです。
もともと実力派ではあったので期待してしまう部分はあるのですが、

このところの躍進ぶりは注目に値します。
半沢直樹で魅せた役も素晴らしかったが

それ以上に彼の才能を世に知らしめたのはリーガルハイ。

 

テンポのいい台詞回しと表情の豊かさは

もはや怪優と言っていいほどのオリジナリティを感じさせました。
かつての優秀な脇役的な存在がまるで嘘のような活躍ぶりは何なんでしょう。
もはや主役でなければ彼の適役が見つからないような気さえしてきます。
奥のある役者さんってこんなに幅広くこなせるんですねという良い見本、

もっと他の役者さんの眠っている部分も観てみたくなります。


スポンサードリンク