東京オリンピックの計画変更?おいおい!これは不安だな。

公開日:2014/07/05
更新日:
[みんなで作るブログ記事]


東京オリンピック

2020年に東京で開催されるオリンピック!

非常に楽しみです!

でも、実はこんな計画変更が...

東京オリンピックに関する記事です。

スポンサードリンク

東京オリンピック計画変更に対する不安

2020年の東京オリンピック招致が決定して1年。

いよいよ計画が実際にスタート!

というこの段階になって、オリンピック計画の見直しがされようとしています。
先日、「新国立競技場」のデザインが一部変更。

当初の予定より小さな規模になるというニュースを見ました。

 

また、「世界一コンパクトなオリンピック」を謳い文句に、

主な競技場を8km圏内に集中させるということが、

招致の際の「ウリ」だったはずなのに、

それにも、予算や環境問題などから異論、反論が出ているといいます。
東京都はIOSにも変更を打診し、

IOCサイドは「たびたびの変更は困る」と答えているそうです。

こういうプランニングに関しては、

日本はどの国より「ちゃんとしている」と思っていましたので、

今のこの事態は大変意外で、また心配になってもきます。
招致が決まって1年経って、この騒ぎ。

開催まで6年。「まだ6年ある」とも言えるでしょうが、

「もう6年しかない」と言うこともできるのではないでしょうか。

 


スポンサードリンク


まあ、そこは日本のことですから、工事計画が決定さえすれば、

たとえばサッカーワールドカップのブラジルのように、

工事が遅れ、結局開幕に間に合わない、などということはないでしょう。

 

しかし、ここへきての計画変更は、

「いったい何をしてるの?」という気になってきます。

 

変更の一番の理由は「予算」。

当初の計画を精査したところ、

予算をかなり超える経費が必要なことが判明。

 

それで「なんとかしなければ」と計画の変更・縮小を考え始めた

というのが事の真相のようです。
くりかえしますが「今頃になって、何してるの?」というのが、私の感想。

 

東京都や委員会は、そんなにずさんな計算をしていたのでしょうか。

心配になるのが、最大のウリだった「コンパクトなオリンピック」

という基本コンセプトが変更になった場合、

それでもIOCが「いいよ」と言ってくれるかどうか。

 

招致決定しているのですから、

それが覆されるということはありえないのでしょう。

しかし、「招致決定後に、計画の大幅な見直し、変更をしてもOK」

ということになれば、今後の招致活動そのものに

よくない影響が及んでしまうことは間違いありません。
「TOKYO」が、悪しき前例になってしまうのではないか

というのも、私の心配の一つです。


スポンサードリンク