いまみちともたか・通称イマサの嫁や経歴について調べてみた!

公開日:
[人物, 音楽]


いまみちともたか

BARBEE BOYSのリーダーであり、ギター担当のいまみちともたかさん。そんないまみちともたかさんが、マツコデラックスさんと矢部浩之さんが出演しているアウトデラックスに登場しました。

これまでいまみちともたかさんのことを知らなかったので詳しく調べてみました!

スポンサードリンク

いまみちともたかさんのプロフィールと経歴

  •  出生名:今道友隆
  •  生年月日:1959年10月12日
  •  血液型:AB
  •  家族構成:父の今道友信は東京大学の名誉教授、妹の川口信子はピアニスト
  •  備考:BARBEE BOYSのリーダーでありギター担当、離婚を2回経験、長いアゴが特徴

いまみちともたかさんは1959年に東京で生まれますが、父親の仕事の関係で幼少期はドイツで過ごします。

小学校に入る前に東京に戻ってきますが、両親が離婚をしたため父親の下で育てられます。ちなみに父親というのは東京大学の名誉教授で哲学を教えていた今道友信さん(2012年10月13日に亡くなっています。10月13日はいまみちともたかさんの誕生日の次の日。)。

都内の高校に進学したあと、後のBARBEE BOYSのメンバーであるKONTAこと近藤敦さんに出会います。で、そのKONTAさんをボーカルとしたバンド『マンブルマーフィー』として81年にデビューを果たしますがすぐに解散してしまいます。

一度解散してしまいますが、いまみちともたかさんがもう一度KONTAさんを誘い、『BARBEE BOYS』を結成します。このバンド名の由来はKONTAさんがバービー人形を持っていたこととその頃、「シティボーイズ、笑えるね」とよく話していたからだそうです。結局、後にガールが入るのでボーイズのバンドではなくなるんですけどねwちなみにシティボーイズというのは、大竹まことさん、きたろうさん、斉木しげるさんのコントユニットのことです。

BARBEE BOYS結成当時は、ボーイズバンドではあったんですが、全く人気のないバンドでした。ある時、杏子さんが在籍していたバンドと対バンするんですが、その杏子さんの集客力をみて杏子さんを引く抜くんです!!そしてベースのENRIQUEさんとドラムスの小沼俊明さんを加え、とうとうBARBEE BOYSが完成したんです。

 

デビュー後、BARBEE BOYSは「目を閉じておいでよ」「負けるもんか」「女ぎつね on the Run」等のヒット曲を連発しますが、これらの曲を始め、ほとんどの曲をいまみちともたかさんが作詞・作曲しています。

その後も、「三ツ矢サイダー」や「資生堂」のCMソングを作成するなど人気を誇りましたが、1992年に解散してしまいます。

二度の離婚

これまではバンド活動のほうに注目してきましたが今度はいまみちともたかさん本人に注目していきます。

通称・イマサさんはBARBEE BOYS時代のスタイリストの方と平成3年3月3日午前3時33分に結婚し、子どもを授かりますが、後に離婚しています。

そして2001年にはあの角川春樹さんの実の娘・角川慶子(結婚当時Kei-Teeの名で活動)さんと2度目の結婚します。お子さんはいませんでしたが、6年後の2007年に2度目の離婚をしています。

現在は、独り身のようですが、3度目の結婚はあるんでしょうかね?

 

話は変わりますが、1991年には笑っていいとものテレフォンショッキングに出演しており、いまみちともたかさんの代名詞ともいえるアゴの長さをシシャモの食べ過ぎでアゴの発達が良くなったと話していますw

え~私はアゴの長さを抑えたいので今日からシシャモを食べませんw

椎名林檎のありあまる富

2009年に椎名林檎さんの楽曲「ありあまる富」の編曲、補作曲、ギターとしていまみちともたかさんが参加するんですが、これまで椎名林檎さんの楽曲を他の人が補作することがなかったそうです。

椎名林檎さんはBARBEE BOYSの楽曲に影響を受けたと語っていますのでこの件と大きな関係がありそうですね!

この曲のギターはイマサさんですが、ドラムスは河村カースケ智康さんが担当しており、何とも豪華なメンバーとなっています。

河村カースケ智康は一流のミュージシャン達が選んだドラマーだった!


このありあまる富は椎名林檎さんのニューアルバム「日出処」に収録されています。

今後もいまみちともたかさんがどんな楽曲を提供していくか楽しみですね!

 

ワンダイレクションも日本公演が決定したけど、メンバーのハリーってゲイなの?

ワンダイレクション、ハリー・スタイルズのゲイ疑惑を検証してみた!


スポンサードリンク