ぶらり海外旅行【台湾編④】移動手段・Wi-fiの使い方・言葉について

公開日:2014/08/01
更新日:
[癒し・旅, 2014年の話題]


台湾 デパート

台北市内のデパート内にあるスーパー。

たくさんの日本製品がありました。

 今日で台湾旅行も終わり。(3日目の記事はこちら

今日は飛行機で帰るだけなので台湾に来てみて感じたことを

移動手段・Wi-Fi・言葉

の3つに分けて書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

地下鉄とタクシーを使いこなす

台湾 メトロ図

出典:http://www.daisuki-taiwan.com

まずは移動手段について。

まずは地下鉄(MRT)。

とにかく安いし便利!

市内中心部なら20~30元(約70~105円)で行けます。

運行時間も2分~7分間隔なので待ち時間も短いです。

 

この3日間でかなり使いましたね。

乗客もそこまで多くなく運が良ければ座れました。

日本もこれくらいの値段にして欲しいです。笑

 

次にタクシー。

これまた安い!

初乗りは70元(約225円)

ただ運転手に日本語と英語は通じませんでしたので、

行き先を書いた紙を用意しておくと良いでしょう!

 

日本と違って自動ドアではないので

手動でドアを開閉してくださいね。

超便利!日本で登録してから行こう!

ネットワーク

次はWi-Fiについて。

今回私が利用したのが「Taipei Free」というネットワーク。

これは本当に便利でした。もちろん無料です。

駅内であれば回線速度も全く不自由しませんでした。

 

使える場所は、MRTの駅ならどこでも。

一部のバスでも使えるそうです。

しかし、電車内では使えません…

 

登録の方法は2種類。

1、日本で登録してしまう。(Taipei Free 無料アカウントの申請

2、松山国際空港または台北駅で手続きする。
空港または駅の「旅遊服務中心」Visitor Information Center)て所で申請できます。
このとき必要なのはパスポートだけです。

私は日本で登録していきました。1分で終わります。

中国語出来ると尚良い!

台湾 中国語

出典:http://www.7netshopping.jp

最後に言葉です。

もう少し日本語が通じると思いましたね~。

若くなればなるほど通じませんでした。

英語もほとんどダメでした。

 

お店に行けば大抵日本語のメニューは置いてありました。

注文に困ることはほとんどなかったんですけどね。

 

簡単な中国語くらいは覚えていくと一層楽しめると思いました。

 

これで台湾のレポートは終わりです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


スポンサードリンク